ときがわ蛍めぐり

  • 2015.07.28 Tuesday
  • 00:34


どうもこんばんは。
先日、某国営放送の朝の情報番組で
埼玉の小川町・ときがわが特集されていてテンションがあがったえりです。

なぜかというと…
前回、梅もぎで越生へ訪れた後、

ときがわ町まで、
足をのばしていたのでした。


ときがわ町は

埼玉県の真ん中よりちょっと西部に位置した

町の名が記す通り、川と自然があふれるのどかな町。



案内してくれたのは、

おかしさんのうたを作曲してくださった

音楽家のオリママです。



まずは、

ときがわのお豆腐屋さん

とうふ工房わたなべへ。

店内には、
豆腐のみならず!
地元の農家の方々が育てた朝採れ新鮮野菜が販売されていたり、
おからのお菓子や、様々な調味料、
お豆腐も、絹ごし、木綿、ごま…と
種類も豊富で試食もあるので、
自分の好きな味を選ぶことができます。

店を出たすぐ隣は、
「氷菓子工房」といって
お豆腐屋さんならではの豆乳を使った
とろ〜り豆乳ソフトクリームを販売しています。

上の写真にあるように、
とろ〜り!
さっぱりしていて、おいしー!


そして?ときがわの地下水?が、
自由に汲んで持ち帰れるそう!
次回は空のペットボトルを持参しようかな。


豆腐と新鮮野菜をたんまり買い込み…

木造作りで素敵なJR八高線明覚駅を
横目にドライブし向かったのは…

おかしさんのイベントなどでも
とてもよくお世話になっている
織田家へ。

オリママ特製ランチを贅沢に…



窓をあければ、
川のせせらぎと美しい鳴き声が聴こえます。

鳥のさえずりかと思うほど、
透き通った声の持ち主は…
なんとカエルでした。
カジカガエルという日本で一番美しく鳴くカエルだと言われているそうです。




食後は、
オリパパがアイスコーヒーを淹れてくださいました。


そしてちょうど山椒の実が
たくさん実っていた季節。

家の裏の川沿いに大きな山椒の木。

たくさん採れました!

香りがとてもよく、
このままサッと湯がいて、
ジップロックに入れて冷凍してしまえば、
いつでもお料理に使えちゃうのです。

……

だんだん日も暮れて
オリママとお夕飯の支度を…

料理ができない私は、
オリママの華麗なる手さばきを眺めていると…
あっという間に料理が完成!!

新ジャガとお肉の香草オーブン焼きと
キャベツのアヒージョ
自家製石窯パンとともに。


お家の裏庭にテーブルとイスを用意し
キャンドルナイトで女子トーク。

なんと贅沢なひととき。

夜も深くなりはじめて
ちょうど蛍の時期だったこともあり、
オリママの案内で蛍がみれる穴場へ……。

外灯もあまりないその場所は、

ぼわん…と、一つ光れば

その光に反応して、
また別の場所でボワン…と光る。

その連鎖。

なんと幻想的。

なんとはかない。

川の流れの音と、カエルの鳴き声
そして蛍の光り。

癒されました。

穏やかな気持ちになれる。

深呼吸して
また前へ進む。

明日からのパワーチャージ完了です!


えり
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM